相続税対策3選

相続税は亡くなった時点の被相続人の財産に課税されるものなので、生きているうちに対策する必要があります。
相続税の対策方法は色々な方法がありますが、ここでは3つの有効な方法をご紹介いたします。

・生命保険を活用
・不動産を活用
・生前贈与

生命保険を活用

生命保険金に対しては一定の非課税枠があり、
「500万円×法定相続人の数」までであれば課税対象になりません。

例えば法定相続人が3人の場合
500万円×3人=1500万円が非課税となります。

不動産を活用

土地や建物などの不動産は、預貯金に対しての課税よりも負担が少なくなっています。
居住用に使っている宅地などに関しては、評価額を最大8割減らすことができる「小規模宅地等の特例が使える場合があります。
これを活用し、相続税対策のための不動産投資を検討する方もいます。

生前贈与を活用

生前贈与は被相続人が生きているうちに親族に財産を贈与しておく方法です。
相続税は、被相続人の遺産額に課税されるので、相続が発生する前に親族に財産を分け与えておくことで相続税を軽減できます。
生前贈与では、一定の非課税枠が設定されており1年間で110万円までは課税されません。
なので相続税の負担を少なくするために計画的に生前贈与を行うことが大切です。

お気軽にご相談・お問い合わせください 無料相談ご予約ダイヤル 0120-474-970
無料相談実施中 0120-474-970 相続税の悩みや疑問など、お気軽にご相談ください。
メールでのご相談はこちら
PAGE TOP